演習で学ぶ 入門 木造の許容応力度計算ワークブック(2020年版)
2020年版 木造住宅のための住宅性能表示ー基本編ーー構造編ーー申請編ー
木造軸組構法住宅の構造計画 耐震・耐風性向上のための壁量計算等の基礎的な解説・演習から告示の最新情報まで
住宅と木材 ≪バックナンバーのご案内(2016年1月号以降)≫
木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)
木質系混構造建築物の構造設計の手引き(2019年版)
木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表(2018年版)
木造住宅建築確認申請用等の構造標準納まり図(A3判17枚)
2016年版 CLTを用いた建築物の設計施工マニュアル 2021年構造・材料増補版
木造軸組構法住宅の構造計画 耐震・耐風性向上のための壁量計算等の基礎的な解説・演習から告示の最新情報まで
木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)
2020年版 木造住宅のための住宅性能表示ー基本編ーー構造編ーー申請編ー
木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表(2018年版)
演習で学ぶ 入門 木造の許容応力度計算ワークブック(2020年版)
木質系混構造建築物の構造設計の手引き(2019年版)
図解 木造住宅・建築物の防・耐火設計の手引き
2016年公布・施行 CLT関連告示等解説書 増補版
木造住宅建築確認申請用等の構造標準納まり図(A3判17枚)
図書
講習会
機関紙
標準納まり図
講演会

カートの中身を見る

» カートの中身を見る

講習会に、複数の方の申込みを同時にされる場合には、購入申込み手続きの際、備考欄に参加者全員のお名前を
図書類(図書、CD)と講習会はそれぞれ別にご注文ください。
納品書等の宛名に法人名等が必要な場合には、注文者名を当該法人名にしてご注文下さい。
サイトマップ
2022年度 ヤマベの木構造 2日間コース
販売価格

33,000円(税込)

購入数

オプションの価格詳細はコチラ

 10月24日(月)、25日(火)
テキスト持参
テキスト込み


本セミナーの案内資料(A4)及びFAX申込用紙はこちら>>

≪賛助会員とは≫

こちら

賛助会員には賛助会員向受講料が適用されます


受講料(テキスト無し):29,700円
受講料(テキスト有り):33,462円

※ご注文を頂いた後に、会員価格に修正いたしますので、一度そのままご注文下さいますようお願いいたします。
お申込時に賛助会員番号をご入力頂く必要がございます。ご入力がない場合や、当センターからお伝えしている賛助会員番号と違う場合は割引になりませんのでご注意ください。

≪日時≫

2022年10月24日(月)、25日(火) 両日とも10:00〜17:00


≪会場≫

(公財)日本住宅・木材技術センター 3階大会議室
東京都江東区新砂3−4−2
東京メトロ東西線 南砂町駅
定員15名(1名掛け)

≪講師≫

觧格婢渋だ澤彁務所 山辺 豊彦 氏、鈴木 竜子 氏

≪内容≫

 木造軸組構法の構造計画と構造設計、主要構造と構造的役割及び設計の進め方について、プログラムの内容による講義と演習を2日間にわたり行います。
 木造の構造設計について経験豊富な専門家を講師に迎え、講師自らが執筆したテキストを用いて講義及び講義に沿った形で作成された演習問題に取り組むことによって理解を深めて頂きます。
 是非この機会に多数の方々がご参加下さり、今後の業務に活用されますようご案内申し上げます。

≪テキストの大改訂が行われました≫
 前回の増補改訂版から40頁増補および改訂を行いました。今回の新版では、最新の法改正などの反映や、暴風による被害が多い小屋組設計方法を追加したほか、実務設計で問題となりやすい5タイプの事例について、耐震性能見える化ソフト「wallstat」を用いた検証を行っています。これらの内容についても執筆者自ら講義を行います。

≪プログラム≫

講義1 木構造の基礎知識
・木構造の法的位置付けと検討事項
・木材の性質 他

講義2 基礎の設計
・地盤調査方法の特徴
・スウェーデン式サウンディング試験データの読み方 他

講義3 軸組の設計
・柱、梁の役割と断面設計
・仕口の鉛直支持性能に対する設計 他

講義4 耐力壁の設計
・耐力壁の役割と特徴
・壁量計算と四分割法 他

講義5 水平構面の設計
・水平構面の役割と特徴
・地震力、風圧力に対する水平構面の設計 他

演習問題
・地盤の支持力と圧密沈下量の算定
・梁のたわみの算定 他

≪テキスト≫

「ヤマベの木構造 新版DVD付」(螢┘スナレッジより発刊)
当日の販売・貸出は行いませんのでご注意ください。
 ※1:テキスト込みでお申し込みされた方は当日お渡しします。
 ※2:テキスト無しでお申込の方は事前にご準備の上、
    当日は忘れずにお持ち下さい。

≪その他≫

・賛助会員には賛助会員向受講料が適用されます。

・建築士会CPD認定プログラム(予定)

・電卓と筆記用具を必ずご持参ください。

・開催日当日はマスクの着用や、せきなどの風邪症状が現れた場合はご出席をご遠慮頂く等、ご協力をお願い申し上げます。

・新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じて開催します。最小開催人数に達しない場合や新型コロナウイルス感染症防止対策上等、やむを得ず中止・延期等させて頂く場合があります。中止等になった際は当センターのホームページの「出版・セミナーのお知らせ」欄に掲示します。既にお申込を頂いている方に関しては個別にご連絡をさせて頂きます。


この商品を友達に教える買い物を続ける