2016年公布・施行 CLT関連告示等解説書 増補版
針葉樹製材乾燥の手引き
演習で学ぶ 入門 木造の許容応力度計算ワークブック(2020年版)
2020年版 木造住宅のための住宅性能表示ー基本編ーー構造編ーー申請編ー
210219 演習で実践的に学ぶ 木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表セミナー
210225-26 演習で実践的に学ぶ「入門 木造の許容応力度計算」セミナー (2日間コース)
21031112 演習で実践的に学ぶ 木造軸組工法住宅の許容応力度設計セミナー(2日間コース)
210316-17 ヤマベの木構造 2日間コース
210315 ヤマベの木造耐震診断・改修セミナー
住宅と木材 ≪バックナンバーのご案内(2016年1月号以降)≫
木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)
木造軸組構法住宅の構造計画 耐震性向上のための壁量計算等の基礎的な解説・演習から告示の最新情報まで
木質系混構造建築物の構造設計の手引き(2019年版)
木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表(2018年版)
2016年版 CLTを用いた建築物の設計施工マニュアル 増補版
図解 木造住宅・建築物の防・耐火設計の手引き
木造ラーメンの評価方法・構造設計の手引き 2016年版
木造ラーメンの評価方法・構造設計の手引き 設計例 2016年版
木造住宅建築確認申請用等の構造標準納まり図(A3判17枚)
枠組壁工法用住宅建築確認申請用等の構造標準納まり図(A3判12枚)
木造住宅用の防耐火構造標準納まり図(A4判24枚)
演習で学ぶ 入門 木造の許容応力度計算ワークブック(2020年版)
2020年版 木造住宅のための住宅性能表示ー基本編ーー構造編ーー申請編ー
210219 演習で実践的に学ぶ 木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表セミナー
210225-26 演習で実践的に学ぶ「入門 木造の許容応力度計算」セミナー (2日間コース)
21031112 演習で実践的に学ぶ 木造軸組工法住宅の許容応力度設計セミナー(2日間コース)
210316-17 ヤマベの木構造 2日間コース
210315 ヤマベの木造耐震診断・改修セミナー
木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表(2018年版)
木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)
木造住宅建築確認申請用等の構造標準納まり図(A3判17枚)
2016年版 CLTを用いた建築物の設計施工マニュアル 増補版
図解 木造住宅・建築物の防・耐火設計の手引き
図書
講習会
機関紙
標準納まり図
講演会

カートの中身を見る

» カートの中身を見る

講習会に、複数の方の申込みを同時にされる場合には、購入申込み手続きの際、備考欄に参加者全員のお名前を
図書類(図書、CD)と講習会はそれぞれ別にご注文ください。
納品書等の宛名に法人名等が必要な場合には、注文者名を当該法人名にしてご注文下さい。
サイトマップ
210219 演習で実践的に学ぶ 木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表セミナー
販売価格

14,300円(税込)

オプションの価格詳細はコチラ

 2/19東京会場
テキスト持参14,300円(税込)
在庫なし
テキスト込み19,250円(税込)
在庫なし
SOLD OUT

本セミナーの案内資料(A4)及びFAX申込用紙はこちら>>


≪賛助会員とは≫

こちら

賛助会員には賛助会員向受講料が適用されます。


受講料(テキスト持参):12,870円
受講料(テキスト込み):17,325円

※お申込みをいただいた後に会員価格に修正いたしますので、一度そのままお申込みくださいますようお願いいたします。
お申込み時に賛助会員番号をご入力いただく必要がございます。ご入力がない場合や当センターからお伝えしている賛助会員番号と違う場合は割引になりませんので、ご注意ください。

≪後援(予定)≫

国立研究開発法人建築研究所、(一社)日本建築学会、
(公社)日本建築士会連合会、(一社)東京建築士会、
(一社)全国住宅産業協会、(一社)JBN・全国工務店協会、
全国建設労働組合総連合、(一社)日本木造住宅産業協会

≪こんな方に最適≫

  2階建てまでの木造軸組工法住宅で地震に対する安全性の高い住宅性能表示制度における耐震等級2の住宅について構造設計を勉強したい方。
スパン表を使いこなしたい方。

≪内容≫

  この度、全面改訂した「木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表(2018年版)」を用いることにより、長期優良住宅やフラット35Sの適用条件となっております住宅性能表示制度の耐震等級2の木造軸組工法住宅を容易に設計することが可能です。
 本セミナーでは、この新しいスパン表をテキストとし、同書の改訂に直接携わられた設計実務者の方を講師としてお招きし、モデルプランを用いた演習問題に取り組んで頂き、スパン表の使い方の解説を行います。
 演習では、モデルプランを用いて具体的に床梁の梁せいの選定方法や、基礎梁の配筋条件の選定方法等を実践的に学んでいただきます。

≪講師≫

河尻 出 氏  (株)日本システム設計 開発設計室 次長

≪日時及び会場≫

日 時:2021年2月19日(金) 10:00〜16:30
場 所:(公財)日本住宅・木材技術センター 3階大会議室
住 所:東京都江東区新砂3-4-2
最寄駅:東京メトロ東西線 南砂町駅
定 員:20名(1名掛け)


≪プログラム内容≫

1.スパン表の概要と改訂内容(講義)
 .好僖麌修了箸な・利用方法 ⊆腓焚訂内容
2.横架材スパン表(講義・演習)
 _2雄爛好僖麌修了箸な ⊂歌造良要最小せい 他
3.基礎スパン表(講義・演習)
 ヾ霑奪好僖麌修了箸な 布基礎底盤の幅 他

≪テキスト≫

こちら
「木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表(2018年版)」
発行:公益財団法人日本住宅・木材技術センター

※1 テキスト込みでお申込みの方は当日会場でお渡しします。
※2 当日会場での販売は行いませんのでテキスト持参でお申込みの方は事前にテキストをご準備のうえ、忘れずにお持ちください。

≪その他≫

・建築士会CPD認定プログラム(予定)

・電卓及び筆記用具を忘れずにお持ちください。

・新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じて運営いたします。

・最小開催人数に達しない場合や新型コロナウイルス感染症防止対策上等、やむを得ず中止又は延期となる可能性があります。講習会の中止等のお知らせにつきましては当センターのホームページの「出版・セミナーのお知らせ」欄に掲示しますので事前にご確認下さい。既にお申込を頂いている方に関しては個別にご連絡をさせて頂きます。

・開催日当日はマスクの着用や、せきなどの風邪症状が現れた場合はご出席をご遠慮頂くなど、ご協力をお願い申し上げます。

・ご入金をされた順に受付を行います。先にお申込をされても入金された人数が定員に達し次第、受付を終了しますので予めご了承ください。



この商品を友達に教える買い物を続ける