2016年公布・施行 CLT関連告示等解説書 増補版
2019年度 演習で実践的に学ぶ「木造軸組工法住宅の許容応力度設計」セミナー(2日間コース)
2019年度 演習で実践的に学ぶ「入門 木造の許容応力度計算」セミナー (2日間コース)
202002 演習で実践的に学ぶ 木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表セミナー
2019(追加開催) 木造軸組構法住宅の構造計画講習会(半日)
針葉樹製材乾燥の手引き
住宅と木材 ≪バックナンバーのご案内(2016年1月号以降)≫
木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)
演習で学ぶ 入門 木造の許容応力度計算ワークブック(2018年版)
木造軸組構法住宅の構造計画 耐震性向上のための壁量計算等の基礎的な解説・演習から告示の最新情報まで
木質系混構造建築物の構造設計の手引き(2019年版)
木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表(2018年版)
2019年版 木造住宅のための住宅性能表示ー基本編ーー構造編ーー申請編ー
2016年版 CLTを用いた建築物の設計施工マニュアル 増補版
図解 木造住宅・建築物の防・耐火設計の手引き
木造ラーメンの評価方法・構造設計の手引き 2016年版
木造ラーメンの評価方法・構造設計の手引き 設計例 2016年版
木造住宅建築確認申請用等の構造標準納まり図(A3判17枚)
枠組壁工法用住宅建築確認申請用等の構造標準納まり図(A3判12枚)
木造住宅用の防耐火構造標準納まり図(A4判24枚)
2019年版 木造住宅のための住宅性能表示ー基本編ーー構造編ーー申請編ー
2019年度 演習で実践的に学ぶ「木造軸組工法住宅の許容応力度設計」セミナー(2日間コース)
2019年度 演習で実践的に学ぶ「入門 木造の許容応力度計算」セミナー (2日間コース)
202002 演習で実践的に学ぶ 木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表セミナー
2019(追加開催) 木造軸組構法住宅の構造計画講習会(半日)
(無料)CLTを活用した建築物等実証事業(令和元年度林野庁補助事業)成果報告会 及び(公財)日本住宅・木材技術センター講演会 合同開催
(無料)中大規模木造建築普及促進講演会−建てるのなら木造で−
木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表(2018年版)
木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)
演習で学ぶ 入門 木造の許容応力度計算ワークブック(2018年版)
木造住宅建築確認申請用等の構造標準納まり図(A3判17枚)
2016年版 CLTを用いた建築物の設計施工マニュアル 増補版
図解 木造住宅・建築物の防・耐火設計の手引き
図書
講習会
機関紙
標準納まり図
講演会

カートの中身を見る

» カートの中身を見る

講習会に、複数の方の申込みを同時にされる場合には、購入申込み手続きの際、備考欄に参加者全員のお名前を
図書類(図書、CD)と講習会はそれぞれ別にご注文ください。
納品書等の宛名に法人名等が必要な場合には、注文者名を当該法人名にしてご注文下さい。
サイトマップ
(無料)CLTを活用した建築物等実証事業(令和元年度林野庁補助事業)成果報告会 及び(公財)日本住宅・木材技術センター講演会 合同開催
販売価格

0円(税込)

SOLD OUT


 3月3日(火)に開催を予定しておりました「CLTを活用した建築物等実証事業(林野庁補助事業)成果報告会及び(公財)日本住宅・木材技術センター講演会 合同開催」につきましては、新型コロナウイルス感染症予防の観点や、国の新型コロナウイルス感染症対策本部(第14回)の中で公表された「新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、この1、2週間が感染拡大防止に極めて重要で、今後2週間は多数の方が集まるイベント等について中止・延期または規模縮小などの対応を要請する(抜粋※)」を受けて開催を見送り、延期させていただくことといたしました。
(※詳細はこちら

 お申し込みいただきました皆様、並びにご関係の皆様に心よりお詫び申し上げます。
 開催日が決まりましたら、あらためて本ホームページにてお知らせさせていただきます。
 何卒ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
(2月26日掲載)

--------------------(以下、従来の掲載内容になります)--------------------


 本講演会のチラシ及び会場地図はこちらをご参照ください

 当センターでは平成26年度から林野庁補助事業「CLTを活用した建築物等実証事業」など、CLTの実用化に向けた取り組みを行っており、本成果報告会・講演会では、令和元年度における実証事業の成果を広く報告するとともに、CLTを切り口として新しい木造建築の可能性についてディスカッションすることにより、CLTの一層の普及推進を図ります。


1.日時  令和2年3月3日(火)11:00〜16:30(開場10:30)

2.場所  すまい・るホール
      東京都文京区後楽1丁目4-10 住宅金融支援機構本店1階

3.内容  −まちの景色が変わるCLTによる新たな木造建築−

4.プログラム(予定)

11:00 開会

 主催者挨拶、来賓挨拶

11:10 令和元年度 成果報告(共催:木構造振興株式会社) 

  飯能商工会議所会館建設工事の建築実証/飯能商工会議所
 ◆焚松痢CLT晴海プロジェクト新築工事の建築実証/三菱地所(株)
 (仮称)OYプロジェクト計画/(株)大林組
  事務所ビル新築工事の建築設計実証
   /(有)タマディックホールディングス、(株)坂茂建築設計

13:20 令和元年度 成果報告(共催:木構造振興株式会社)

 ァ 株)中東 CLT・集成材組立工場新築工事の建築実証/(株)中東
  日ノ丸産業本社社屋建替工事の設計実証
   /日ノ丸産業(株)、(株)白兎設計事務所
  大和ビル新社屋新築工事の設計・性能実証
   /大和興業(株)、(有)阪根宏彦計画設計事務所
  木質構造技能者研修センターCLT工事実証事業
   /健康住宅(株)、HOUSEORIGIN(株)
 ( 仮称)神水公衆浴場新築工事の建築実証/(株)黒岩構造設計事ム所
  ミヨシ産業広島営業所新築工事の設計実証および建築実証
   /(株)ミヨシ産業、福山弘構造デザイン

15:10 パネルディスカッション

 コーディネーター
  河合 直人  氏(工学院大学 建築学部建築学科 教授)
 パネリスト
  稲山 正弘  氏(東京大学大学院農学生命科学研究科 教授)
  中島 史郎  氏(宇都宮大学 地域デザイン科学部 建築都市デザイン学科 教授)
  安井 昇   氏(桜設計集団一級建築士事務所 代表)
  河合 誠   氏(一般社団法人日本CLT協会 顧問)
  実施者パネリスト3名(予定)

16:30 閉 会

5.入場料  無  料(要申込)

6.定員   260名(先着順)

7.連絡事項
 ◆ 定員に達し次第募集を締め切らせて頂きます。お早めにお申込下さい。
 ◆ 複数でのご参加を希望される場合はご出席者全員のお名前を
   備考欄等に忘れずにご入力下さい。
 ◆ お申込時にご入力いただいたメールアドレス宛に受付票を
   お送りしますので当日受付にご提出下さい。
  (遅くとも講演会開催日の1週間前にはお送りいたします)
 ◆ ご出席の際には、ご自身の万全の予防対策、万が一、
  感染の疑いがある場合の出席の自粛、参加途中で
  体調がすぐれない場合の申告等、ご対応くださいますようお願いします。
 
この商品を友達に教える買い物を続ける