2019年度 基礎から学ぶ「木造住宅のための住宅性能表示・構造演習セミナー」
2016年公布・施行 CLT関連告示等解説書 増補版
191217-19 針葉樹製材乾燥技術者研修会
2019年度 演習で実践的に学ぶ「木造軸組工法住宅の許容応力度設計」セミナー(2日間コース)
2019年度 演習で実践的に学ぶ「入門 木造の許容応力度計算」セミナー (2日間コース)
201911 木造軸組構法住宅の構造計画講習会(1日)
202002 演習で実践的に学ぶ 木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表セミナー
2019(追加開催) 木造軸組構法住宅の構造計画講習会(半日)
住宅と木材 ≪バックナンバーのご案内(2016年1月号以降)≫
木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)
演習で学ぶ 入門 木造の許容応力度計算ワークブック(2018年版)
木造軸組構法住宅の構造計画 耐震性向上のための壁量計算等の基礎的な解説・演習から告示の最新情報まで
木質系混構造建築物の構造設計の手引き(2019年版)
木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表(2018年版)
2019年版 木造住宅のための住宅性能表示ー基本編ーー構造編ーー申請編ー
2016年版 CLTを用いた建築物の設計施工マニュアル 増補版
図解 木造住宅・建築物の防・耐火設計の手引き
木造ラーメンの評価方法・構造設計の手引き 2016年版
木造ラーメンの評価方法・構造設計の手引き 設計例 2016年版
2015年版 針葉樹製材乾燥の手引き
木造住宅建築確認申請用等の構造標準納まり図(A3判17枚)
枠組壁工法用住宅建築確認申請用等の構造標準納まり図(A3判12枚)
木造住宅用の防耐火構造標準納まり図(A4判24枚)
201910 全面改訂版 木質系混構造建築物の構造設計セミナー
2019年版 木造住宅のための住宅性能表示ー基本編ーー構造編ーー申請編ー
201911 ヤマベの木造耐震診断・改修セミナー
2019年度 演習で実践的に学ぶ「木造軸組工法住宅の許容応力度設計」セミナー(2日間コース)
2019年度 演習で実践的に学ぶ「入門 木造の許容応力度計算」セミナー (2日間コース)
202002 演習で実践的に学ぶ 木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表セミナー
2019(追加開催) 木造軸組構法住宅の構造計画講習会(半日)
木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表(2018年版)
木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)
演習で学ぶ 入門 木造の許容応力度計算ワークブック(2018年版)
木造住宅建築確認申請用等の構造標準納まり図(A3判17枚)
2016年版 CLTを用いた建築物の設計施工マニュアル 増補版
図解 木造住宅・建築物の防・耐火設計の手引き
図書
講習会
機関紙
標準納まり図
講演会

カートの中身を見る

» カートの中身を見る

講習会に、複数の方の申込みを同時にされる場合には、購入申込み手続きの際、備考欄に参加者全員のお名前を
図書類(図書、CD)と講習会はそれぞれ別にご注文ください。
納品書等の宛名に法人名等が必要な場合には、注文者名を当該法人名にしてご注文下さい。
サイトマップ
201911 ヤマベの木造耐震診断・改修セミナー
販売価格

12,100円(税込)

購入数

オプションの価格詳細はコチラ

受講料(テキスト持参)受講料(テキスト込み)
15,180円(税込)
在庫なし


本セミナーの案内資料(A4)及びFAX申込用紙はこちら>>

≪賛助会員とは≫

こちら>>
賛助会員には賛助会員向受講料が適用されます。

テキスト持参:10,890円(税込)
テキスト込み:13,662円(税込)

※お申込みをいただいた後に会員価格に修正いたしますので、一度そのままお申込みくださいますようお願いいたします。
お申込みの際に賛助会員番号をご入力いただく必要がございます。ご入力がない場合や当センターからお伝えしている賛助会員番号と違う場合は割引になりませんので、ご注意ください。


≪後援(予定)≫

(公社)日本建築士会連合会、(一社)住宅リフォーム推進協議会



≪日時≫

2019年11月20日(水) 13:00〜17:00


≪会場≫

(公財)日本住宅・木材技術センター 3階会議室
東京都江東区新砂3-4-2
南砂町駅(東京メトロ東西線)

≪講師≫

(有)山辺構造設計事務所  山辺 豊彦 氏、鈴木 竜子 氏


≪内容≫

 東日本大震災や熊本地震では、現行の建築基準法施行前に建てられた木造住宅の耐震性能不足による被害が多く見られました。そのため、「建築物の耐震改修の促進に関する法律」に基づく国の基本方針では、令和2年までに住宅の耐震化率を少なくとも95%にすること、令和7年までに耐震性が不十分な住宅をおおむね解消することを目標とし、耐震化の促進を図っています。
 構造設計においては建物の平・立・断面形状の特徴を読みとり、荷重の流れをよく考えながら、軸組・耐力壁・水平構面・基礎の各耐力要素を有効に配置することが重要です。さらに耐震改修においてはさまざまな制約条件があるため、構造の優先順位の見極めが新築以上に必要となります。この最も重要で難しい「構造計画」と「耐震診断・耐震改修」について、今まで手掛けた設計事例を用いながらより実践的に解説します。

≪プログラム(予定)≫

講義1 木構造の特徴

講義2 形状別 構造計画

講義3 部位別 構造計画

講義4 耐震診断・改修

講義5 改修事例


≪テキスト≫

(株)エクスナレッジ発行「ヤマベの耐震改修」

※1 テキスト込みでお申込みの方は当日会場でお渡しします。
※2 当日会場での販売は行いませんのでテキスト持参でお申込みの方は事前にテキストをご準備の上、忘れずにお持ちください。


≪その他≫

・賛助会員には賛助会員向受講料が適用されます。

・建築士会CPD認定プログラム(予定)



この商品を友達に教える買い物を続ける