住宅と木材 ≪バックナンバーのご案内(2016年1月号以降)≫
300216 木造ラーメンの評価方法・構造設計セミナー
300226≪全面改正版≫ 木造校舎の構造設計標準(JIS A 3301)セミナー
(講習会)演習で実践的に学ぶ「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)」セミナー
30年2月 「入門 木造の許容応力度計算」セミナー(2日間コース)
300207 全面改訂版 木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表(2018年版)セミナー
木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)
演習で学ぶ 入門 木造の許容応力度計算 ワークブック
木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表【増補版】
図解 木造住宅・建築物の防・耐火設計の手引き
最初に学ぶ 木造住宅の構造計画 壁量計算・四分割法・N値計算・演習
(CD)木造住宅建築確認申請用等の構造標準納まり図(A3判17枚)
(CD)枠組壁工法用住宅建築確認申請用等の標準納まり図(A3判12枚)
(CD)木造住宅用の防耐火構造標準納まり図(A4判24枚)
2016年公布・施行 CLT関連告示等解説書
2016年版 CLTを用いた建築物の設計施工マニュアル
2016年版 木造ラーメンの評価方法・構造設計の手引き
2016年版 木造ラーメンの評価方法・構造設計の手引き 設計例
2015年版 木造住宅のための住宅性能表示
木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)
(講習会)演習で実践的に学ぶ「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)」セミナー
2016年版 CLTを用いた建築物の設計施工マニュアル
2015年版 木造住宅のための住宅性能表示
2016年公布・施行 CLT関連告示等解説書
木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表【増補版】
演習で学ぶ 入門 木造の許容応力度計算 ワークブック
(CD)木造住宅建築確認申請用等の構造標準納まり図(A3判17枚)
2016年版 木造ラーメンの評価方法・構造設計の手引き
30年2月 「入門 木造の許容応力度計算」セミナー(2日間コース)
図書
講習会
機関紙
標準納まり図
講演会

カートの中身を見る

» カートの中身を見る

講習会に、複数の方の申込みを同時にされる場合には、購入申込み手続きの際、備考欄に参加者全員のお名前を
図書類(図書、CD)と講習会はそれぞれ別にご注文ください。
納品書等の宛名に法人名等が必要な場合には、注文者名を当該法人名にしてご注文下さい。
サイトマップ
300207 全面改訂版 木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表(2018年版)セミナー
販売価格

9,720円(内税)

購入数
受講料

オプションの価格詳細はコチラ


≪賛助会員割引の適用について≫


賛助会員価格:8,748円(税込)
割引対象者 :当センターの直接の賛助会員
       (賛助会員についてはこちら>>をご確認ください)

 ご注文を頂いた後に、会員価格に修正いたしますので、一度そのままご注文下さいますようお願いいたします。
 なおご注文を行う際に、お客様情報のご入力箇所にあります「賛助会員番号(4桁)及び企業名・団体名 」箇所に「賛助会員番号」及び「企業名・団体名」を必ずご入力下さいますようお願いいたします。ご記入が無い場合、又は誤っている場合は一般価格でのご案内となりますので予めご了承ください。
 賛助会員番号がご不明な場合はお手数ですがご連絡ください。


≪日時≫

平成30年2月7日(水)13:30〜17:00


≪会場≫

木材会館 7階ホール
東京都江東区新木場1−18−8
新木場駅

≪講師≫

大橋 好光 氏 東京都市大学 工学部 建築学科 教授
河尻 出 氏 (株)日本システム設計 開発設計室次長


≪内容≫

★こんな方に最適
 2階建てまでの木造軸組工法住宅で地震に対する安全性の高い住宅性能表示制度における耐震等級2の住宅について構造設計を勉強したい方。

★セミナーの内容
 この度、「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)に準拠して、「木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表(2018年版)」の全面改訂を行いました。新しいスパン表においては、従来からご要望の多かった荷重条件や樹種のほか、軒庇の出について適用条件の拡充を行うとともに、梁受け金物による断面欠損の軽減や基礎の人通口の設置にも対応しております。このスパン表を用いることにより、長期優良住宅やフラット35Sの適用条件となっております住宅性能表示制度の耐震等級2の木造軸組工法住宅を容易に設計することが可能です。
 本セミナーでは、この新しいスパン表をテキストとし、同書の改訂に直接携わられた専門家の方を講師としてお招きし、改訂内容のポイント、スパン表の使い方等、モデルプランによる解説も交えてご紹介します。


≪後援(予定)≫

(国研)建築研究所
(公社)日本建築士会連合会
(一社)JBN・全国工務店協会
全国建設労働組合総連合
(一社)日本木造住宅産業協会


≪プログラム(予定)≫


1.スパン表の概要と改訂内容のポイント
 1)スパン表の利用方法
 2)主な改訂内容と留意点

2.横架材スパン表
 1)横架材スパン表の使い方
 2)床梁の必要最小せい
 3)小屋梁の必要最小せい
 4)大引の可能最大スパン
 5)根太の可能最大スパン
 6)母屋・棟木の可能最大スパン 等

3.基礎スパン表
 1)基礎スパン表の使い方
 2)布基礎底盤の幅
 3)基礎梁の開口部直下の主筋補強(長期)
 4)基礎梁の隅角部の主筋補強(短期水平時)
 5)べた基礎底盤の配筋


≪その他≫

・賛助会員には賛助会員向受講料が適用されます。

・建築士会CPD認定プログラム(予定)

・会場には電源等の準備がないため、パソコンのご使用はご遠慮下さい。



この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける