(講習会) 全面改訂版「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)」セミナー
木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)
土塗壁・面格子壁・落とし込み板壁の壁倍率に係る技術解説書(POD)
290821-22 ヤマベの木構造 2日間コース
291114-16 針葉樹製材乾燥技術者研修会
2016年版 木造ラーメンの評価方法・構造設計の手引き
2016年版 木造ラーメンの評価方法・構造設計の手引き 設計例
2015年版 木造住宅のための住宅性能表示
2016年版 CLTを用いた建築物の設計施工マニュアル
2016年公布・施行 CLT関連告示等解説書
図解 木造住宅・建築物の防・耐火設計の手引き
最初に学ぶ 木造住宅の構造計画 壁量計算・四分割法・N値計算・演習
木質系混構造建築物の構造設計の手引き
(CD)木造住宅建築確認申請用等の構造標準納まり図(A3判17枚)
(CD)枠組壁工法用住宅建築確認申請用等の標準納まり図(A3判12枚)
(CD)木造住宅用の防耐火構造標準納まり図(A4判24枚)
木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表【増補版】
ここまで使える木材
ここまで使える木材 マンション編
住宅と木材 ≪年間購読のご案内≫
2016年版 CLTを用いた建築物の設計施工マニュアル
図解 木造住宅・建築物の防・耐火設計の手引き
2015年版 木造住宅のための住宅性能表示
木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表【増補版】
2016年版 木造ラーメンの評価方法・構造設計の手引き
演習で学ぶ 入門 木造の許容応力度計算 ワークブック
2016年公布・施行 CLT関連告示等解説書
図書
講習会
機関紙
標準納まり図
講演会

カートの中身を見る

» カートの中身を見る

講習会に、複数の方の申込みを同時にされる場合には、購入申込み手続きの際、備考欄に参加者全員のお名前を
図書類(図書、CD)と講習会はそれぞれ別にご注文ください。
納品書等の宛名に法人名等が必要な場合には、注文者名を当該法人名にしてご注文下さい。
サイトマップ
290821-22 ヤマベの木構造 2日間コース
販売価格

21,600円(内税)

購入数

オプションの価格詳細はコチラ

 一般賛助会員
テキスト無し
テキスト込み


≪賛助会員とは≫

こちら

賛助会員には賛助会員向受講料が適用されます

※お申込時に賛助会員番号をご入力頂く必要がございます。ご入力がない場合や、当センターからお伝えしている賛助会員番号と違う場合は割引になりませんのでご注意ください。

≪日時≫

平成29年8月21日(月)、22日(火) 両日とも10:00〜17:00


≪会場≫

(公財)日本住宅・木材技術センター 3階会議室
東京都江東区新砂3丁目4番2号
東京メトロ東西線 南砂町駅3番出口より徒歩8分

≪講師≫

觧格婢渋だ澤彁務所 山辺 豊彦 氏、鈴木 竜子 氏

≪内容≫

 木造軸組構法の構造計画と構造設計、主要構造と構造的役割及び設計の進め方について、
プログラムの内容による講義と演習を2日間にわたり行います。
 木造の構造設計について経験豊富な専門家を講師に迎え、講師自らが執筆したテキストを
用いて講義及び講義に沿った形で作成された演習問題に取り組むことによって
理解を深めて頂きます。
是非この機会に多数の方々がご参加下さり、今後の業務に活用されますようご案内申し上げます。

≪プログラム≫

講義1 木構造の基礎知識
・木構造の法的位置付けと検討事項
・木材の性質 他

講義2 基礎の設計
・地盤調査方法の特徴
・スウェーデン式サウンディング試験データの読み方 他

講義3 軸組の設計
・柱、梁の役割と断面設計
・仕口の鉛直支持性能に対する設計 他

講義4 耐力壁の設計
・耐力壁の役割と特徴
・壁量計算と四分割法 他

講義5 水平構面の設計
・水平構面の役割と特徴
・地震力、風圧力に対する水平構面の設計 他

演習問題
・地盤の支持力と圧密沈下量の算定
・梁のたわみの算定 他

≪テキスト≫

「ヤマベの木構造」(螢┘スナレッジより発刊)
テキスト込みでお申し込みされた方は当日お渡しします。
当センター発行の書籍でないため、会場での販売は対応しておりません。
テキスト無しでお申込の方は事前にご準備下さい。

≪その他≫

・賛助会員には賛助会員向受講料が適用されます。

・建築士会CPD認定プログラム(予定)

・電卓をご持参下さい。

・会場には電源等の準備がないため、パソコンのご使用はご遠慮下さい。

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける