住宅と木材 ≪バックナンバーのご案内(2016年1月号以降)≫
300216 木造ラーメンの評価方法・構造設計セミナー
(講習会)演習で実践的に学ぶ「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)」セミナー
291114-16 針葉樹製材乾燥技術者研修会
木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)
29年9月10月 「入門 木造の許容応力度計算」セミナー(2日間コース)
演習で学ぶ 入門 木造の許容応力度計算 ワークブック
木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表【増補版】
291206【図解】 木造住宅・建築物の防・耐火設計セミナー
図解 木造住宅・建築物の防・耐火設計の手引き
最初に学ぶ 木造住宅の構造計画 壁量計算・四分割法・N値計算・演習
(CD)木造住宅建築確認申請用等の構造標準納まり図(A3判17枚)
(CD)枠組壁工法用住宅建築確認申請用等の標準納まり図(A3判12枚)
(CD)木造住宅用の防耐火構造標準納まり図(A4判24枚)
2016年公布・施行 CLT関連告示等解説書
2016年版 CLTを用いた建築物の設計施工マニュアル
2016年版 木造ラーメンの評価方法・構造設計の手引き
2016年版 木造ラーメンの評価方法・構造設計の手引き 設計例
2015年版 木造住宅のための住宅性能表示
木質系混構造建築物の構造設計の手引き(POD)
(講習会)演習で実践的に学ぶ「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)」セミナー
木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)
2015年版 木造住宅のための住宅性能表示
木造軸組工法住宅の横架材及び基礎のスパン表【増補版】
2016年版 CLTを用いた建築物の設計施工マニュアル
2016年版 木造ラーメンの評価方法・構造設計の手引き
2016年版 木造ラーメンの評価方法・構造設計の手引き 設計例
2016年公布・施行 CLT関連告示等解説書
演習で学ぶ 入門 木造の許容応力度計算 ワークブック
図解 木造住宅・建築物の防・耐火設計の手引き
木質系混構造建築物の構造設計の手引き(POD)
最初に学ぶ 木造住宅の構造計画 壁量計算・四分割法・N値計算・演習
291114-16 針葉樹製材乾燥技術者研修会
土塗壁・面格子壁・落とし込み板壁の壁倍率に係る技術解説書(POD)
図書
講習会
機関紙
標準納まり図
講演会

カートの中身を見る

» カートの中身を見る

講習会に、複数の方の申込みを同時にされる場合には、購入申込み手続きの際、備考欄に参加者全員のお名前を
図書類(図書、CD)と講習会はそれぞれ別にご注文ください。
納品書等の宛名に法人名等が必要な場合には、注文者名を当該法人名にしてご注文下さい。
サイトマップ
2016年公布・施行 CLT関連告示等解説書
型番 281
販売価格

4,000円(内税)

購入数


◆ご注文の前に必ずご確認下さい

※本書籍の内容が「2016年版 CLTを用いた建築物の設計施工マニュアル」の付録として収録されております。
この理由による返品、交換等の対応は行いませんので、ご注文の際はくれぐれもご注意下さい。
(落丁、乱丁の場合を除く)

◆会員価格の適用について

 (公財)日本住宅・木材技術センターの賛助会員及び(一社)日本CLT協会の会員の方は会員価格が適用されます。(税込3,600円)

 会員価格にてお買い求めいただく際はお手数ではございますが、お客様情報のご入力箇所にあります「賛助会員名称(企業名・団体名等)」箇所に「企業名・団体名」を必ずご入力下さいますようお願いいたします。ご注文を頂いた後に、会員価格に修正いたします。

注1:「賛助会員名称(団体名等)」箇所にご入力が無い場合は一般価格の取り扱いと
   させて頂きますので予めご了承下さい。

注2:ご購入された方の所属元が会員か否かで判断させて頂きますのでご注意下さい。



◆新刊(平成28年6月)

 CLT を構造部材として用いるCLT パネル工法の建築が広く行われるよう、「CLT の普及に向けたロードマップ」に基づき、国土交通省より、平成28 年3 月31 日及び4 月1 日に、CLT を用いた一般的な設計法等に関して、建築基準法に基づく告示(以下「CLT 関連告示」という。)が公布、施行されました。本書はこのCLT 関連告示の逐条解説に加え、構造設計例(設計図書例/ 構造計算例)を付録として収録しています。

厚さ12mm程度、重さ680g程度

企  画:( 公財) 日本住宅・木材技術センター
     ( 一社) 日本CLT協会
編  集:CLT関連告示等解説書編集委員会
発  行:( 公財) 日本住宅・木材技術センター


目次・正誤表等は こちらをご参照ください。

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける